日本人の大腸がんの患者数は増加の一途をたどっています。
死亡率の高い疾患として第一に挙げられるがんの中でも、大腸がんの割合は増え続け、女性に至ってはがんによる死亡率1位にあがってくるほどです。
そのような大腸がんをはじめとする大腸の疾患の有用な検査法として行われているのが大腸の内視鏡検査です。
潜血反応が陽性の人、下痢と便秘が繰り返されたり腹部に違和感がある人、血便が出る人などは、是非受けておきたい検査です。
肛門から内視鏡を挿入する事になるので、医師の技術によって患者の負担が随分変わってくる傾向はあるようですが、最近では痛みのない方法も確立されてきていて、検査時間もそれ程かからないので、経験の豊富な医師の下で検査を受ければそれ程心配する事はないでしょう。
また、検査前に、大腸の中をきれいにするために下剤を飲む必要があります。
患者にとっては負担のかかる事ですが、隠された疾患を見つけるために欠かせない準備なのです。

検査は大切

理想は、病気やけがをせず、元気に健康に楽しく暮らしたいものですが、現実は、そうもいかず、何かの病気になる人が多いようです。
特に日本人は、がんの発生、死亡率も高いですが、早期発見で治るがんもあるので定期検診は受けたほうが良いでしょう。
大腸がんの場合、男女共に死亡率も高く、定期検診で、便潜血反応が出た場合、又は血便、長期の下痢をしている人は、大腸内視鏡検査を受けたほうが良いと思います。
大腸内視鏡検査をする事で、異常を発見する事が出来ます。
検査前の準備として、下剤を飲み腸を空にします。
そして検査で、肛門から内視鏡を入れ、大腸内側の観察、診断をします。
一度も検査をした事のない私もそうですが、とにかく痛そうなイメージがあります。
しかし、ベテラン医師の場合には、苦痛もなく、検査だけでは10~20分程度で終わるようです。
また、大腸ポリープの切除や早期大腸がんの場合、内視鏡で診断と治療を同時に行う事が出来ます。
そして検査を受ける場合、病院選びも大切ですが、検査を受けた人や看護師に、どの医師がベテランで上手か、聞いてみる事も必要かもしれませんね。